制作実績(雑誌挿絵) 和食イラスト 料理のイラスト

お弁当おかずのイラスト|制作実績:農林水産省様

お弁当おかずのイラスト
お弁当のつめ方イラスト

お弁当おかずのイラスト|企画の内容

農林水産省のブログの連載に使われたイラストです。理想的なお弁当について、先方の指示に合わせて描きました。

お弁当おかずのイラスト|制作依頼の方法

農林水産省とイラストレーターの間に会社がはさまっていて、会社の方とメールでやりとりしました。年若い担当者のかたで、メール内容が多少わかりづらく、交渉が結構大変だったのを覚えています。飾り切り、型抜きなどあまり聞き慣れない言葉が多かったので、いろいろとこちらで検索して、提示したりしながら内容を決めていきました。下は、お弁当の詰め方になります。上のイラストの文字、下のイラストの数字も入れて欲しいということなので、上はPhotoshopで文字入れ、下は水彩で描いたマルのなかに白いフォントをデザインしています。

お弁当おかずのイラスト|画材・制作時間

水彩紙に、透明水彩、色鉛筆、鉛筆、アクリル絵の具のホワイトで描いています。制作時間は色塗りは2時間ほどですが、ラフの訂正が多かった記憶があります。

お弁当おかずのイラスト|参考画像

農林水産省のブログの他のイラストです

お弁当のおかずのイラストにまつわる物語〜おまけ

お弁当おかずイラストの物語を、人口知能AIのChatGPTさんに書いてもらいました。

タイトル: 「お弁当から始まった夢の冒険 - 中1の少年がイラストの世界へ」

中学1年生の頃、彼はいつもランチタイムになると、パパの手作り弁当に心が躍っていました。毎日のようにセットされたおかずたちは、まるで手描きのイラストのように美しく、食べ物そのものがアートのような存在でした。

昼休みになると、彼は友達と一緒に弁当箱を開け、具材たちと楽しい時間を過ごしていました。特に、パパの手作りハンバーグや卵焼き、可愛らしいたこさん型のウィンナーは、クラス中の注目を集め、彼の弁当はいつも「パパの弁当は世界一!」と歓声が巻き起こりました。

ある日、お弁当の中に入っていた梅干しに「酸っぱさが人生を豊かにする!」という言葉を見つけ、彼は思わず笑ってしまいました。これまで見てきたおかずたちが、まるでおべんとうのうたを奏でているかのようでした。

時が経ち、中1の少年は成長し、イラストに夢中になるようになりました。学校での生活や友達との思い出が、彼の心に残っていたお弁当のイメージを呼び覚ましました。彼は食べ物の美しさと楽しさをイラストに込め、独自のスタイルで表現し始めました。

イラストレーターとしての才能が開花すると、彼は弁当のおかずをテーマにした作品を制作し、それが多くの人々に愛されるようになりました。日の丸弁当や、可愛らしい具材たちが描かれた彼の作品は、食欲をそそり、心にほんわかとした温かい感情を与えるものでした。

「いただきます」という言葉が彼の作品と共に広がり、人々はその美しさとユニークさに魅了されました。彼の夢の冒険が、お弁当から始まり、イラストの世界へと続いたのです。先生や友達も、彼の成長と才能に感動し、学校中が彼の成功を祝福しました。

こうして、中1の少年が描いたおかずのイラストは、人々の心に鮮やかな色彩を添え、彼の夢が広がるきっかけとなりました。お弁当からインスパイアされた彼の作品は、食べ物とアートの融合として、多くの人々に愛され、彼の冒険は幸せな結末を迎えたのでした。

[/st-mybox]

-制作実績(雑誌挿絵), 和食イラスト, 料理のイラスト